気になる手術について

銀座の美容整形の1つである隆鼻術とは

銀座の美容整形として隆鼻術を受けることができますが、銀座の美容外科ではI字型プロテーゼを使用します。隆鼻術で使用するプロテーゼはI字型とL字型の2種類がありますが、銀座の美容外科ではL字型のプロテーゼを使用することはありません。よって、安全に美しい鼻筋を心掛けるために鼻根部にI字型のプロテーゼを使用するので、隆鼻術を受けた後でも鼻先を自由に動かせます。
また、I字型は衝撃に強いので、皮膚からプロテーゼが飛び出すことがありません。ちなみに、銀座の美容外科では他のクリニックと違って、L字型のプロテーゼはお勧めされていません。なぜなら、鼻先のプロテーゼに直接触れれば、硬い異物が鼻に入っていることが分かる上に、鼻先を自由に動かすことができなくなるからです。
他にも、L字型はI字型と比べて衝撃に弱いので、隆鼻術を施した後の鼻の形が不安定になりやすいです。その上、鼻の皮膚が薄くなるので、皮膚からプロテーゼが出てくる可能性があります。また、銀座の美容整形では患者の鼻の特徴に合わせて隆鼻術を施すので、不自然な仕上がりになる可能性が低いです。何より、銀座の美容整形でI字型のプロテーゼのみを隆鼻術に使用するので、鼻に後遺症が残ることがありません。銀座の美容整形の1つとなる隆鼻術は、他のクリニックと異なりL字型のプロテーゼが使われることがありません。

術後の後遺症について

銀座の美容整形の1つとなる隆鼻術は、一人一人に合わせてハンドメイド治療を施すことができます。また、鼻本来の特徴に合わせるので、自然で安全な仕上がりになる上に、鼻根部にはI字型プロテーゼを使用します。そして、鼻尖部には自分の組織の軟骨を使用します。その上、隆鼻術で循環障害やプロテーゼが飛び出す心配がないだけでなく、後遺症が残る心配がありません。
よって、銀座の美容整形で施される隆鼻術は、鼻本来の特徴を生かした施術となります。鼻は2種類の全く異なる性質や硬さの骨によってできている部位となり、鼻根部にはプロテーゼを入れます。鼻尖部にはその部位に合わせた軟骨に仕立て直した素材を入れるので、それぞれの特徴に合わせて入れる素材を使い分けます。なので、銀座の美容整形では隆鼻術において自然な仕上がりにするために、鼻全体に硬いプロテーゼを使用することはありません。
なぜなら、鼻全体に硬いプロテーゼを使用すると、施術を施した後に鼻の形が不自然になることが多いからです。よって、銀座の美容整形となる隆鼻術では本来の骨の形に沿って鼻の形を形成していくので、安全な仕上がりとなります。銀座の美容整形の1つである隆鼻術は、鼻に後遺症が残る心配がないので他のクリニックよら安全に受けることが可能となります。

ニュース

2017/08/22
優良整形クリニックの選び方を更新しました。
2017/08/22
気になる手術についてを更新しました。
2017/08/22
流行の美容整形を更新しました。
2017/08/22
銀座の美容外科を選ぶ理由を更新しました。